just released

片岡一郎 活動写真弁史
スポーツ人類学 グローバリゼーションと身体
森 元斎 国道3号線
アーノルド・ゼイブル カフェ・シェヘラザード

共和国

2014年4月にスタートした出版社です。ジャンルを問わず、文化批判的な書物を通して、この現代社会と横断的/歴史的に向き合って参ります。

東京都東久留米市から発信します。
naovalis[@]gmail.com  tel./fax. 042-420-9997

 

 

 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
VISIT OUR
スポーツ人類学 グローバリゼーションと身体

著=ニコ・ベズニエ+スーザン・ブロウネル+トーマス・F・カーター 訳=川島浩平+石井昌幸+窪田暁+松岡秀明    ----- 人類学はスポーツとどのように切り結ぶのか?  われわれの日常生活に不可欠なスポーツをめぐって、蘭米英の研究者が、植民地主義、階級、ジェンダー/セックス、メガイベント、ジェントリフィケーション、ナショナリズムなどを切り口に豊富な実例とフィールドワークを駆使して分析し、スポーツを文化的に考えるうえで類書のない1冊。   ----- ISBN978-4-907986-65-0 C0036 菊変判並製476頁/定価4500円+税 2020年9月20日頃発売 ブックデザイン=宗利淳一

Go to link