just released

武田麟太郎 蔓延する東京
仲正昌樹 哲学JAM[赤版]
片岡一郎 活動写真弁史
スポーツ人類学 グローバリゼーションと身体

共和国

2014年4月にスタートした出版社です。ジャンルを問わず、文化批判的な書物を通して、この現代社会と横断的/歴史的に向き合って参ります。

東京都東久留米市から発信します。
naovalis[@]gmail.com  tel./fax. 042-420-9997

 

 

 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
VISIT OUR
武田麟太郎 蔓延する東京

都市底辺作品集   ----- 関東大震災からの復興をとげた、1930年代の東京。都心から周縁部へと蔓延してゆく不良住宅、工場街、そして貧困。戦争に突入する《非常時》にあって帝都の底辺をアクチュアルに描き出し、ファシズムと対峙した小説家、武田麟太郎の都市文学を集成する。 これはメガイベントで再開発が進む、日本の首都の未来図なのか? ◎発表時に削除され、これまで幻とされていた『文藝春秋』版「暴力」を初収録。   ----- ISBN978-4-907986-77-3 C0095 菊変判並製400頁 定価3500円+税 2021年1月15日頃発売 ブックデザイン=宗利淳一

Go to link